ぷそファン

PSO2NGS(ファンタシースターオンライン2ニュージェネシス)に関する 情報、攻略、話題などをまとめているブログです。読み物系記事中心。たまにFF14など他のネットゲームのニュースなども。

当サイトのRSSはこちら

カテゴリ:話題 > マナー

PSEバーストが終わったら後はそのまま退出するか、まだ続けるか選択することになるが、たまに「お疲れ様でした」と一声かけ退出する律儀な人を見かける事も。
お疲れアイナ


1: 名も無き星渡り 2021/10/22(金) 09:49:27.37 ID:bV5txhxo
たまに見かけるけど誰だよ( ´・ω・` )

続きを読む

先日のアップデートで防衛クエストのウェーブ7.8の追加とバウンサーが実装された。
防衛は難易度が上がったにもかかわらず、レベリング目当てのバウンサーが増えたため、ここにきて
破棄問題が再燃している模様。
レベリングバウンサー
1: 名も無き星渡り 2021/10/15(金) 19:50:45.03 ID:cuttHBJV
残された人の気持ち考えないの?
バウンサーがそんなに悪いの?

続きを読む

緊急クエストで挨拶をした結果「だまれ」と言われてしまったアークスさんがいた模様。
結局それがトラウマになりそれ以降挨拶をやめてしまうほど影響を受けてしまっている様子。ただし事実か創作かは不明。

ナキマトイ対策済み 

47: 名も無き星渡り 2021/09/19(日) 18:16:50.49 ID:o3d45OPNd
だまれって言われて以来、緊急で挨拶すんのやめたわ
たかが挨拶したくらいでなんであんなに攻撃的な反応がくるんだろうな
続きを読む

久しぶりの「挨拶」についての話題。
NGSでは緊急開始直後や終了後、絶望エネミー討伐時などに頻繁に挨拶チャットやスタンプ、シンボルアートが飛び交い、何らかの手段で他者とコミュニケーションを取ろうとしている人は多い様子だが・・・
お疲れアイナ

264: 名も無き星渡り 2021/08/22(日) 09:47:24.62 ID:HhS4txnC0
こっちが挨拶して無言だと感じわるいわな
続きを読む

4鯖民なら誰しもが一度は見たことがある?旧PSO2時代から過密ブロックで圧倒的な存在感を放っていた彼のプレイヤーがついにアカウントの一時停止を喰らった模様。
当記事はやや品の無いSSや話題の引用となるため*閲覧注意*

ハギト ウィンク


1: 名も無き星渡り 2021/08/20(金) 23:36:12.17 ID:oP5DkVG3
これはAUTO

続きを読む

旧PSO2時代からあった放置問題。
戦闘に一切参加しなくても、討伐したエネミーから一定の距離内にいればドロップが手に入る仕様のため、さりげなく、もしくは堂々と・・・。つまり故意に放置するプレイヤーは後を絶たたない。

昼寝放置北エアリオ

1: 名も無き星渡り 2021/08/17(火) 18:13:24.84 ID:ZQgkvLc2
6Dの鉱石取れる洞窟に放置して上部のフィールドで
誰かが狩ったエネミーのアイテムかすめ取ってる奴らのせいで
あの遠い上部のフィールドに絶望湧いてる可能性すらある
何重にも害悪すぎないか?

続きを読む

NGSに移行してから、白チャットやチャットツールであるスタンプ、シンボルアートなどを使う人が増え、旧PSO2時代とは打って変わって賑やかな雰囲気が続いている。
が、中にはそんな状況を気に入らない人々もいるようで・・・

白チャ嫌いチー牛
1: 名も無き星渡り 2021/07/15(木) 19:39:37.85 ID:f1XEfFvw
グルチャあるのにわざわざ白チャする奴って、それみんなに聞いてほしいの?


続きを読む

PSO2のチャットの応用機能であるオートワードとカットイン、シンボルアートについての話題。
AWカットインSA

359: 名も無き星渡り 2021/07/10(土) 15:59:18.64 ID:YyhAn+JN0
PSO2NGSに関して
オートワードのアクションの項目にボイス入れてる奴どうにかならんのですかね?
WB撃とうにもそいつが何かするたびに画面いっぱいに出てきて撃てえねえんだよ
お前らの事やで?お前らの所為でWBが撃てねえんだよアホンダラ
続きを読む

国産ネットゲームやソシャゲではなぜか忌避される傾向のある白チャット。
もちろんすべてのプレイヤーがそうという訳ではないが、NGSにも白チャットを嫌うプレイヤーは一定数いる模様。しかしその理由は・・・?

仲間外れルーサー
506: 名も無き星渡り 2021/07/03(土) 19:55:42.40 ID:DuWZ97MT0
新規雑魚だけどここまでチャット無くて静かなゲームは初めてだわ
もはやNPCとやってる気分で一体感皆無だ
なんでそんな風潮になったのかは知らんけど


続きを読む

↑このページのトップヘ