先日アップデートされたディバイドの31~35で新たに追加されたSOPについての考察記事です。
SOP




ディバイド追加SOP

  • S1追加:戦友の加護2
    パーティ人数が2人以上の場合、人数に応じて、PP消費軽減、クリティカル率上昇、威力上昇効果が発動。(4人PT時、青ダメ威力が4%上昇したと報告あり)
  • S1追加:光子の秤2
    PP消費量が4%増加する代わりにPAとテクニックの威力が6%上昇する
  • S1追加:時流の恵
    4秒ごとにPPを10回復
  • S2追加:瞬乱縮減2
    別のPAやテクニックをジャストアタックするとPP消費量を20%軽減
  • S6追加:六色の盾
    花・海・葉・月・雪・影のいずれかが発動中、一定確率で被ダメージを大幅に軽減する
  • S7追加:六色の巧
    花・海・葉・月・雪・影のいずれかが発動中、クリティカル率が(30%)上昇する
  • S6追加:累加拡域
    累加追撃による追加ダメージが範囲攻撃に変化
  • S8追加:六色の蝕
    花・海・葉・月・雪・影のいずれかが発動中、攻撃時にランダムな状態異常にする

この中で、特に目を引くものはS1追加:光子の秤2 です。
PP消費量が4%増加するデメリットがあり、PA,テク限定とはいえ、威力上昇+6%という非常に強力なSOPとなってます。
威力上昇6%という数値は、増幅240盛り以外では到達できず、主流の錬成に2%威力差をつけています。
このSOPは一部のクラスでは人権レベルで必須になり得るかもしれません。
例えば、フォース。基本的にテクニックメインで戦い、通常攻撃を出さないので、常時威力上昇の恩恵を受けれます。PP消費が増えるのがネックだが、僅か4%の消費量増加なのでスキルや潜在、他のSOPで何とでもなります。
ロッドPhも同様の理由で、相性は抜群です。が、マーカー起爆にはおそらく威力上昇は載らないので、そこだけは残念?。
そのほか基本WBを装填しつつPAで戦うライフルRa,テクテクター(殴りメインでない)等にも合いそうです。

S6追加:累加拡域も今回実装されたSOPの中では強力で、使い勝手が良いSOPです。
S4累加追撃を付与した武器が必須になりますが、まず範囲が思ったよりも広く、エネミー撃破や部位破壊で追撃が消失(不発)しないため、利便性も向上してます。

詳細は、↓こちらのサイトで詳しく紹介されています




S6追加:六色の盾やS7追加:六色の巧、S8追加:六色の蝕はSOP枠がユニットなので、
色系SOPを付けた武器のSOP枠を使うことなくさらに強化できるイメージです。
ただ、貴重なS6~S8枠を開けてまでこれらのSOPを付けるかどうかは、悩ましい部分でもあります。
六色の蝕は面白そうなSOPですが、舞空を外してまでつけるかは・・・



ディバイドで追加された新SOPは以上となりますが、ディバイドメダルと交換対応したSOPも3点実装されたのでそちらも紹介します。


ディバイドメダル新規交換SOP

  • S5追加:回避輝与
    PP自然回復が停止。攻撃時PP回復量が50%上昇、回避成功時PPが100回復。威力2%上昇。鋼拳限定。
  • S5追加:静心四連
    通常攻撃の威力が67%低下する代わりに攻撃が4発に変化。大砲限定。
  • S5追加:連鎖輝与
    チェイントリガー開始時PPが回復し、60秒間威力3%上昇。双機銃限定。

こちらはユニーク武器潜在から使い回した武器種限定SOPとなります。
S5追加:回避輝与はパワフルブロウ、S5追加:静心四連はヤスミノコフ4000FJ、S5追加:連鎖輝与はクヴェレウィンディアからの流用です。

パワフルブロウはターン制のエネミーには相性が悪いものの、攻撃頻度の高い敵のタゲを取っている場合はPPを気にすることなく戦えました。ヤスミノコフ4000FJは雑魚散らしやPPの回復に非常に便利だったので、回避輝与や静心四連はS5SOPとしてはなかなか使える部類には入るんじゃないでしょうか?
特に静心四連は、ライフルのスプレッドニードルの潜在を模したSOPであるS5:静心拡域と比べ、威力低下のペナルティも無く、高威力のまま(通常攻撃ダメージが33%×4に変化)扱えるのでランチャーの最強候補SOPの一つとして運用できそうです。





人気ブログランキング