本日公式サイトから約一か月ぶりにPSO2NGSの追加情報が発表され、多くの変更点、共有要素などユーザーが気になっていた部分にもいくつか回答があったようです。

NGSrdouna

本日発表の追加情報の内容、追加情報から推測できる備えや注意点現時点で判明している共有要素一覧、以上の順に記載していきます。


まず、公式サイトの発表は文章量が多く、内容も長ったらしくなっているので分かりやすく新規要素、共有要素、変更点、として分類しまとめてみました。


以下は本日発表された追加情報の内容となります


NGSにおける新規要素
  • PSO2とNGSの世界を移動出来るシステム。
    ゲームログイン後にブロック移動のような機能で移動できる使用を予定
  • 指ボーンの追加
    指の動きが反映されるのは、NGS仕様のコスチュームやパーツ装備時のみとなり、旧PSO2仕様のコスチュームやパーツ装備時には指は動きません。NGS仕様のコスチュームやパーツを装備していれば、PSO2内でも指が動きます。
  • NGS仕様の体型
    指の動きや、NGS用ボディペイントを反映するためにはNGS体型の選択が必須
    のようです。PSO2体型の場合は使用できず、また現PSO2仕様ボディペイントをNGS体型に使用することもできません
  • NSG仕様の髪型や顔バリエーション
    PSO2仕様の顔バリエーションと髪型より、グラフィックスペックが向上し、クリエイト機能も拡張。NGS仕様の髪型を旧PSO2顔バリエーションに使用することも可能で、その逆も可能。ただしNGS顔バリエーション専用の「瞳」「まゆ」「まつげ」「メイクパターン」は旧PSO2では使用不可で、その逆も不可
  • 肌ツヤの変更
    PSO2体型とNGS体型どちらでも使用可能
  • NGS仕様のコスチューム、各種ウェア
    PSO2仕様のコスチュームや各種ウェアよりも、グラフィックスペックが向上し、指も動きますただし、PSO2とNGSの各種ウェアやパーツ同士を組み合わせることは不可能


NSG、PSO2で共有される要素
  • チケットアイテムおよび登録済み情報
    「アウターウェア」「コスチューム」「ボディパーツ」「アームパーツ」「レッグパーツ」「ベースウェア」「インナーウェア」「ボディペイント」「髪型」「ヘッドパーツ」「アクセサリー」「ロビーアクション」「ボイス」「メイクパターン」「ステッカー」「まゆ」「まつげ」「瞳」「顔バリエーション」
  • 武器迷彩
    対応している武器のカテゴリーが未配信の場合などには使用不可。
  • 顔バリエーション
  • 体型クリエイトのベース体系
  • 拡張情報の一部
    「キャラクター作成権」「素材倉庫」「拡張倉庫」の有効期限、「キャラクター倉庫」拡張、「マイショップ」出店の有効期限、「サブパレット」拡張情報
  • 倉庫各種
    チーム倉庫、メセタ倉庫以外はすべて共有可能
  • フレンド情報、ブラックリスト情報
  • チーム情報
    PSO2とNGSの間で「チームチャット」のやり取りも可能ただし、「チームルーム」はPSO2の世界のみに存在し、それに付随する「チームツリー機能」「チーム倉庫」なども、PSO2内でのみ有効です。
  • シンボルアート
  • 各種チャット
    「ウィスパーチャット」「チームチャット」「グループチャット」は、PSO2とNGS間でやり取り可能

NGS、PSO2で共有されない要素

  • 称号
  • マイショップ
    PSO2用マイショップとは別にNGS用マイショップが用意される
  • 拡張情報の一部
    「アイテムパック」拡張 「スキルツリー」拡張 「マグ」追加 「オーダー受注上限」拡張の有効期限 「マイルーム」利用の有効期限 「サポートパートナー」追加の情報
  • アイテムパック
    PSO2用とNGS用でそれぞれ独立しており、共有不可
  • NPCパートナー各種
    「パートナーキャラクター」「フレンドパートナー」「サポートパートナー」



本日発表された公式サイト内容の要点をまとめると以上のようになります。

多くのアークスが危惧していた、キャラクリのチケット登録要素は全て共有可能とのことで、ひとまず安心できそうです。
倉庫や、キャラクター作成権など拡張要素も共有できる要素が多く、課金が無駄になり辛い部分は評価できます。

しかしながら、NGS顔バリエーション専用の「瞳」「まゆ」「まつげ」「メイクパターン」は現PSO2では使用不可で、その逆も不可ということです。

アイテムパック拡張状況も残念ながら共有不可であり、これはおそらくNGSで全員が同時スタートする際、アイテムパックの拡張具合でゲーム進行に差が付かないように、って意味合いがあるのかも知れません。


これらの情報を踏まえて

今後への備えや注意点
をいくつか挙げていきます。

  • NGSの顔バリエーションを使うことを考えている人は、NGSでは使えない現PSOでの瞳やメイクパターンなどをこれ以上の更新を控える。スクラッチを回さず、ACやSGを節約してNGSに備える手も有りです。
  • NGS体型を使うことを考えている人はNGSで使えない現PSOでのボディペイントの更新を控える。
  • 同様の理由で、これ以上のアイテムパック拡張は控える。

  • 「マイショップ」出店の有効期限は、PSO2とNGSで共有されるので、現行FUNスクラッチで手に入るマイショップ券を貯める。
  • 武器迷彩は、NGSでも使えるが、対応カテゴリの武器の導入時期などが一切不明なので、買い急がずよく考えた方がいい
  • PSO2とNGSの各種ウェアやパーツ同士を組み合わせることは不可能なので、これもNGSのキャラクリメインで遊びたい人は考慮しておく必要性あり。
  • ロビアクやキャラボイス、アクセサリー、ステッカーについては組み合わせによっては使えなくなるとかペナルティが一切ないので、今からでも全力で買ったり、登録したりと投資するべき。

要するに、NGS導入に向けて必要な物、不必要なものと早い段階から取捨選択していけば、NGS導入間近になってから慌てなくても済むはずです。

NGSの顔バリエーションや体型は、ラインナップが出そろうまではそれほど使用率は上がらないと思いますが、時間の経過と共に使用率が上がっていくはずです。

髪型については、どちらも共有出来ますが、NGS仕様のものはグラフィック機能が向上しているようで、NGS導入後はじわじわとNGS仕様の物に移行していくと予想されます。

なお、マイショップ券は、エクスキューブ交換ショップで手に入るFUN1000獲得チケットを使えば量産できるため、その気になれば今から何百枚と用意するのもそれほど難しくありません。



先日のNGS発表時の情報と、29日の情報発表を受けて現時点で分かっている共有要素をまとめると以下の通りになります。

現行PSO2、NGSで共有される要素

青字は8/29 日新規判明分
・チケットアイテム全ての登録情報
・AC.SG
・武器迷彩
・顔バリエーション
・体型クリエイトのベース体系
・キャラクター作成権
・素材倉庫とその有効期限
・拡張倉庫とその有効期限
・キャラクター倉庫拡張
・マイショップ出店の有効期限
・サブパレット拡張情報
・フレンド情報、ブラックリスト情報
・チーム情報
・シンボルアート
・各種チャット


現行PSO2では使えるが、NGSでは使用できない要素

・メセタ
・FUN
・スキルリング
・戦闘および成長や強化で使用する消費アイテム
・ブースト系アイテム
・素材アイテム
・ルームグッズ
・称号
・現PSO2版マイショップ
・スキルツリー拡張情報
・オーダー受注上限拡張の有効期限
・マイルーム利用の有効期限
・マグの追加状況
・アイテムパック拡張情報
・NPCパートナー各種

条件付きで使用不可になるケースがある要素

・コスチュームや各種ウェア
・キャストパーツ
・ボディペイント
・瞳、まゆ、まつげ、メイクパターン
・武器迷彩


また情報が追加され次第追記していきます。




人気ブログランキング