先日のアプデで強化されたPAを実際に使用してみた感想です。


先日のアプデで、各武器のPAと武器アクションの調整がなされました。

武器アクションについては
カタナ 600⇒720
ライフル 通常120×3⇒140×3  チャージ480⇒900
ロッド 360→400

と、特にライフルが大幅上昇、いちいち刀に持ち替えて発動する必要性もなくなりました。

PAについては

ヴォルケンクラッツァー(シフトPA)
射程距離を延長します。 ギア上昇量を上方修正します。

ローゼシュヴェルト(シフトPA)
マーカー蓄積量を上方修正します。


ナハトアングリフ(シフトPA)
威力を上方修正します。威力配分を調整します。ステップキャンセルタイミングを緩和します。

フェアブレッヒェン 
威力を上方修正します。

フェアブレッヒェン(シフトPA)
威力を上方修正します。効果時間を延長します。

シュトラーフェ
効果時間を延長します。

シュトラーフェ(シフトPA)
ギア上昇量を上方修正します。

シュヴァルツカッツェ  シュヴァルツカッツェ  アイゼンフリューゲル アイゼンフリューゲル(シフトPA)
威力を上方修正します。

となりますが
数値的なことが書いてなかったので
とりあえず緊急や常設、ソロマスカなどで実践してきました。



・ヴォルケンクラッツァー⇒ステップ2回分くらいの範囲がステップ2.5~3回程度?まで広がる

・シフトヴォルケン⇒30メートルくらい先にも届くように。ギア上昇量は緩和前どの程度だったのか覚えてないが、連発してもギアはさほど増えません・・・

・シフトローゼシュヴェルト⇒1.5~2倍程度? 例えばマーカーMAXになるまで5コンボ必要だった連携(シュメッター⇒クイックカット⇒シフトローゼ⇒通常3)が4コンボでマーカーMAXになってる感じ。武器アクションの威力が今回のアプデで上がり、起爆の重要性も増したので相対的にダメージソースになっているPA

・シフトナハトアングリフ⇒調整前は爆破ヒット時11~13万程ダメージが出てたのが16万程度まで上昇していました。見た目の威力が調整前と同じ数値(2176)なので、正確な上昇量は不明です。ステップキャンセルはタイミングが早い段階でもキャンセルできるようになったが、相変わらずビットも即消えます。

・フェアブレッヒェン⇒威力がほぼ1,1倍に上昇。

・シフトフェアブレッヒェン⇒発動時間がちょうど2倍にヒット数は12回に。一気に使えるPAになりました。
ライフルで戦う場合はボス戦、雑魚相手どちらにもこのPAを起点にしましょう。 

・シュトラーフェ⇒発動時間が20秒ほどに。ヒット数は14回で、モーション比DPSはなかなかだと思われます。ほぼ必中でじわじわとダメージとギアとマーカー蓄積を稼いでくれる地味に優秀なPA。こちらもボスや大物相手には常時更新(絶やさずに継続して出し続ける)したいPAです

・シフトシュトラーフェ⇒ギア上昇量はおそらく1,5倍、使い方は主に「置き」だが、雑魚の群れに突撃し無理やり起爆するのも悪くはないです

・シュヴァルツカッツェ⇒威力が1,1倍に上昇。離脱キャンセルを使ったシュヴァルツ×2通常3の連携をよく使うので1.1倍とはいえ、まあありがたい修正ではある

・シフトシュヴァルツ⇒威力が1,1倍に上昇。

・アイゼンフリューゲル⇒威力が上昇(238→268) これは威力より挙動を変えてほしかった・・・・
モーション自体は早いんですが、もともとショートテックチャージの恩恵が大きいPhにとっては「タリスを投げる」、という行為はどうしてもワンテンポ遅れるので今のところ使いどころがあまりない気がします

・シフトアイゼンフリューゲル⇒威力が上昇(238→268) 消費PP5と低めだが、見た目の派手さのわりには威力が低い。これも使いどころに悩むPA


PAの修正で大きく強化されたのは
「シフトフェアブレッヒェン」 「シュトラーフェ」
の二つで、どちらもライフルPAとなります。
単純に、発動時間が2倍程度になったため、ヒット数増加によるダメージ、ギア、マーカー蓄積量とすべてにおいて恩恵があり、ボスやタフな雑魚相手にはさらに有効なPAとなりました。
この二つを絡めた連携(コンボ)として
シフトフェア⇒シュトラーフェ⇒通常3 が便利なのでボス戦などの開幕におすすめです。

ビットを設置するPA2種が強化され、よりファントムらしく?なり さらにマーカー起爆の回数や威力も増え、特に対ボス(タフな敵)へ戦闘力向上ということで今回のアップデートはライフルが主役でしょう。